産後抜け毛に育毛剤が効く3つの理由とは?

産後抜け毛育毛剤をランキング形式で紹介

今当サイトで人気の産後抜け毛の対策に特化した専用育毛剤をランキング形式でご紹介しています。
是非、商品選びの参考にしてください
※ランキングの選定基準に関しては「産後抜け毛育毛剤の選び方【注目したい3つのポイント】」をご覧ください。

 

 

【1位 ベルタ育毛剤】

 

 

 

 

頭皮を守り髪を育てる有効な成分を99.9%を配合
圧倒的浸透率32成分を1000分の1サイズにナノ化
56の成分のうち53種類が天然由来で安心・安全

当サイト一押しの産後抜け毛育毛剤の「ベルタ育毛剤」は、産後の女性の不安定な頭皮を支えてくれるサポート成分を始めとした頭皮のバリア機能や髪を育てるための有効成分を女性育毛剤業界最大の56種類配合。

 

更に毛穴の深部まで効果的に成分を浸透させるために32種類もの成分をナノ化テクノロジーによって超微粒子化に成功しています。

 

販売元の株式会社ビーボは、商品の素晴らしさに加えてサポート体制が徹底しているのもベルタ育毛剤の大きな魅力の1つです。産後抜け毛の育毛剤だけではなく妊娠線クリームや妊娠中に摂るべき葉酸サプリなどの開発もしており妊娠中から産後のママさんまで、とても心強い味方になってくれます。


価格 頭皮ケア・育毛有効成分 返金保証 特典
3,950円(税込)※通常定期便選択時 56種類配合 90日間返金保証

・ノンシリコン頭皮クレンジング
・女性のための育毛ガイドブック付き

 

 

【2位 エンジェルリリアンプラス】

厳選の保湿成分でバリア機能を強化
セファラチン配合により血流促進効果をアップ
3種類のプログラムでよりお得に長期対策も可能

価格 頭皮ケア・育毛有効成分 返金保証 特典
2,980円(税込)※定期コース選択時 13種類 90日間返金保証(定期コースのみ) なし

 

 

【3位 アンジュレ】

産後抜け毛の為だけに作られた完全専用育毛剤
新米ママの教科書「たまひよ」でも紹介あり
産後抜け毛の原因「女性ホルモン」にも注目

価格 頭皮ケア・育毛有効成分 返金保証 特典
3,990円(税込)※定期コース選択時 12種類 90日間返金保証 なし

 

【惜しくもランク外】

マイナチュレ 薬用ハリモア

産後抜け毛対策というよりも本格的な女性向育毛剤。

 

毛根を活性化させることには特化しているけど、頭皮のバリアに対してはイマイチということでランク外です。

こちらもアンチエイジングや加齢による薄毛の対策としての位置づけが強く、産後の抜け毛対策としてはイマイチな印象。

 

返金保証も30日間と短く、2回目以降から5800円(税込)になってしまうのも評価を下げた原因です。

ページの先頭に戻る

産後抜け毛育毛剤の選びの3つのポイント

産後の女性の身体は非常に大きなダメージを受けているので、産前と同じケアをするという発想は一切捨てる必要があり、産後の女性には産後女性の身体に適した専用商品を使うことが大前提となります。
更に数ある専門商品の中でもより効果が高く、産後抜け毛の改善に繋がりやすい商品の選び方を3つに押さえてご紹介していきます。

 

@頭皮のバリア機能を補強することに特化した商品を選ぶ

産後の女性は妊娠・出産という人生でもっとも大きな体の変化を経てエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンのバランスが著しく乱れています。

 

 

ホルモンバランスが崩れることにより本来頭皮がもっているはずの天然のバリア機能がうまく働いていないことが産後抜け毛の最大の要因でもあります。

 

バリア機能が弱体化してしまうことで産前には問題のなかったシャンプーに含まれる成分の洗浄力が強すぎて頭皮の乾燥を加速させていたり、外部刺激(細菌やウイルス)に対して無防備な状態となっていたり気付かない間に大きなダメージを蓄積していることも少なくありません。

 

ですので、まずは頭皮のバリアの状態を正常に戻すこと、あるいはバリア機能を補強することが最優先にするべきケアです。

 

よく産後抜け毛の対策でホルモンバランスを乱さないようストレスを溜めずに生活をすることが大切と言いますが、ストレスは外的要因であるためそれを自分の力でコントロールすることは本当に大変なことなんです。

 

それに対しバリア機能を補強し、頭皮の状態を改善する、頭皮の乾燥を防ぐという目的に絞れば専用商品を使う事で十分にカバーすることが出来ます。

 

ですのでせっかく育毛剤を購入するのであればバリア機能を補強するための工夫に着眼している商品を選ぶようにしましょう

 

具体的な商品で言えば、BELTA社の「ベルタ育毛剤」、株式会社ARの「エンジェルリリアン プラス」はしっかりとバリア機能に着眼した独自技術や成分配合をしています。

 

A毛母細胞の活性化に着眼している商品を選ぶ

育毛剤やヘアケアに関する情報を調べたりすると「髪に栄養を与えましょう」と書かれていますが、育毛剤で髪に直接栄養を補給することはできません。

 

髪の毛を製造する工場である毛母細胞が活発化し分裂を繰り返すことで髪の毛の製造工程はスタートしていきます。この細胞分裂を活発化させるために頼りになる栄養素が「亜鉛」です。ですので、髪に栄養を与えようとするのであれば亜鉛が豊富に含まれる牡蠣や牛肉、豚肉レバーを多く取り入れることが髪に栄養を与える行為になり育毛剤の出番はありません。

 

栄養を与えるのではなくあくまでも毛母細胞を活発にさせることが育毛剤の役割です。

 

妊娠・出産を終えたママの体はホッと一息つく暇もなく授乳という大仕事が待っています。最近では、ミルクの質も高まっており混合授乳や完全ミルクで育てるママさんの数も増え、完全母乳で育てる完母ママさんの割合は減少傾向にあるようですが授乳は母としての大仕事であることは変わらないと思います。

 

母乳の原材料は血液ですが、漢方では髪の毛のことを「血余」と読んだりすることからも分かる通り、生命維持や子孫の繁栄という観点から見ると髪の毛は余りもので作るものであり、身体に異常があれば最優先で切り捨てられるものの1つです。

 

授乳をしている時は、赤ちゃんに栄養を送ることに優先順位が付けられ髪の毛に渡る栄養、つまり毛母細胞への栄養補給が後回しになってしまいます。

 

産後のママさんはこの限られた栄養で効率的に髪の毛の育成をする必要があるのです。

 

前置きが長くなってしまいましたが、授乳中のママさんの限られた毛母細胞に最大限の活躍をしてもらうためのサポート成分を含んでいることが良い育毛剤の条件の1つです。

 

毛母細胞のサポートには2つの形があり1つは「毛母細胞自体を活性化させる目的」もう1つは、「毛母細胞への栄養補給ルートである血の流れを改善する、つまり血行不良を改善する目的」です。

 

この2つの目的を補う成分を持っている育毛剤を選ぶのは産後のママさんの体の状態から見てとても大切です。

 

細胞活性作用を持つのは「海藻エキス」、血流改善作用を持つのは「センブリエキス」、「酢酸トコフェロール」、「セファラチン」などがありますがこの両方が配合されている商品が毛母細胞の活性化に効果的な商品になります。 

B頭皮にダメージを与えない低刺激な商品を選ぶ

前述の通り産後の女性の頭皮は、頭皮が乾燥しバリア機能が低下している状態になっています。

 

産後の抜け毛対策として有効な成分を補充しようとしても、育毛剤やケア商品自体に刺激要因となる余計な化学成分や添加物が含まれていたら本末転倒です。

 

以下の成分が有名です。

・香料
・着色料
・パラベン
・鉱物油
・合成ポリマー
・動物性原料
・シリコン
・石油系界面活性剤
・タール系色素

典型的なトラブル肌である敏感肌対策として開発されたスキンケア商品は、上記の刺激要因となる成分を徹底的に排除して作られています。
何度も繰り返しますが産後抜け毛が起きている女性の肌は、敏感肌や乾燥肌と同じトラブル肌です。

 

本当に髪のボリュームを保ちたいのであれば、産後はあらゆる刺激要因にも目を配るくらいの心構えをもって臨んで欲しいと思いますが、専用育毛剤のチカラを借りてある程度バリア機能の補強を行うことできますので、まずは刺激を最低限に抑えつつ頭皮の環境を整えていくようにしましょう。

 

産後の女性が選ぶべき商品のポイントは頭皮のバリア機能の補強をしながら毛母細胞を活性化できる刺激要因の少ない商品

ページの先頭に戻る

 

産後抜け毛育毛剤を並べて比較

ここでは当サイトでおすすめしている産後抜け毛育毛剤の基本情報を比較しています。
気になるお値段から商品の特徴となる成分、使い勝手やメーカーサポートの有無など購入時に気になるポイントをまとめてみました。
比較基準に関しては商品の基本情報に加えて、当サイトでおすすめしている産後抜け毛育毛剤の選び方のポイントより成分浸透率の工夫、毛母細胞を活性化させる工夫、安全性などを基準として盛り込んでいます。
あなたの商品選びの参考となれば幸いです。

 

ベルタ育毛剤

 

エンジェルリリアンプラス

 

アンジュレ

 

マイナチュレ

初回購入価格(最安)

3,980円(税抜)

2,980円(税抜)

3,694円(税抜)

3,790円(税抜)

定期コース価格

4,980円(税抜)

4,680円〜5,460円

※選択コースによって変化

4,444円(税抜)

4,742円(税抜)

単品購入価格

5,980円 (税抜)

7,800円(税抜)

7,388円 (税抜)

5,095円(税抜)

送料

定期:無料

通常:648円

定期:無料

通常:648円

無料 

定期:無料

通常:648円

内容量・使用目安

80ml(1ヵ月)

120ml(1ヵ月)

120ml(1ヵ月) 

120ml(1ヵ月)

 推奨使用回数

1日1回

1日2回

1日2回

1日2回

 浸透率の工夫

ナノ化技術

なし

なし 

なし

無添加表記

スペシャル成分

センブリエキス

グリチルリチン酸ジカリウム

酢酸DL−αートコフェロール

センブリエキス

セファラチン

ビワ葉エキス

牡丹エキス

センブリエキス

グリチルリチン酸ジカリウム

ジフェンヒドラミンHCI

センブリエキス

グリチルリチン酸ジカリウム

酢酸DL−αートコフェロール

アミノ酸配合

14種類

なし

なし 

10種類

育毛頭皮ケア成分

56種類

10種類

10種類 

41種類

テクスチャー

少しとろみあり

透明・サラサラ

透明・サラサラ

透明・サラサラ

特典 

頭皮クレンジングジェル(定期)

産後美髪の秘密

特になし 

育毛ケアガイド

返金保証

90日間

90日間

90日間

90日間

サポート対応

ページの先頭に戻る

 

 

出産後に起こってしまう産後抜け毛。出産を経験した人の実に7割がこの産後抜け毛に悩まされているといいます。

 

産後抜け毛の備えとして対処法は数多くありますが、中でも挑戦してほしいのがズバリ「育毛剤」です。

 

育毛剤というと男性のイメージが強いかと思いますが、女性には女性の悩みにアプローチをかける女性用育毛剤があり産後の抜け毛に効果的です。

 

産後抜け毛が起こるのはなぜ?
そもそも、産後抜け毛はなぜ起こるのでしょうか?そのメカニズムを知ることで、産後の抜け毛の症状にはどのような成分が必要なのかわかってきます。

 

産後抜け毛は主に妊娠・出産に女性ホルモンのバランスの変化や乱れが主な原因で起こります。さらに産後の身体の回復や母乳へと体内の栄養は優先的に使われ、髪に届ける栄養は滞ってしまいます。必要な栄養素が届かなくなってしまった頭皮は発毛・育毛を促す毛母細胞まで回らなくなり、抜け毛という症状に現れるのです。その他にもどうしても起こりうる睡眠不足や生活習慣の乱れも産後抜け毛の原因です。

 

 

生活習慣の乱れを整えるだけでも産後抜け毛へのアプローチになりますが、それよりももっと抜け毛予防の効果を実感したい…そう思う方におすすめなのが女性用育毛剤です。

 

今や女性用育毛剤は薬局やドラックストアでも簡単に手に入るようになりましたが、産後ともなると成分には特にこだわりたいところです。

 

最近では無添加の女性用育毛剤が増え、授乳中のママでも赤ちゃんに影響を与えず安心して使う事ができる育毛剤も多数でています。

 

産後の抜け毛に効果的な安心安全な成分をまとめました。

 

産後抜け毛にはセンブリエキスが効果的
無添加の育毛剤に含まれる成分に必ず書き連れられるその名前がセンブリエキス。センブリというとものすごく苦いお茶として知っている方も多いと思いますが、この苦み成分が良い刺激となって血流の改善、さらに細胞の動きを活発にさせる効果があることが知られています。

 

人体の毛は毛母細胞の働きにより生成されるものですので、センブリエキスを頭皮に用いることによって毛母細胞が活発化して新しい毛髪が増えるということになります。

 

産後抜け毛にはグリチルリチン酸ジカリウムが効果的
一見、なにかの添加物?と思ってしまいがちな名前のグリチルリチン酸ジカリウムですが、育毛剤に使われているのは甘草という植物由来の物です。

 

この甘草は古来より炎症を抑える薬草として漢方では重宝されていたとのこと。その甘草から生まれたグリチルリチン酸ジカリウムは強い抗菌作用があるので、育毛剤で頭皮に用いることによって炎症やかゆみ・フケなどを抑え頭皮環境を整えることで、発毛しやすい頭皮へと導いてくれます。

 

産後抜け毛には保湿成分の潤いが効果的
男性用の育毛剤と比べ、女性用の育毛剤には保湿成分がふんだんに配合されています。商品によって保湿成分の種類は様々ですが、昔から髪に良いとされている海藻のエキスをはじめ、スキンケア同様の保湿成分を含む商品が多くなっています。

 

産後ホルモンバランスが崩れることによって失われるバリア成分のひとつである潤いを育毛剤の保湿成分で補うことにより、頭皮の環境をさらに発毛に適したものに導いてくれます。

 

先にも述べましたように、産後抜け毛の原因はホルモンバランスや生活習慣の乱れ、そして頭皮や髪の栄養不足です。生活習慣の見直しや食事で栄養を取り入れることも大切ですが、直接頭皮に育毛剤という形で必要な栄養を取り込むため、効能がダイレクトに伝わります。

 

産後は妊娠前に比べると、様々な栄養が胎児や乳児へと母体から与えられていて、肝心の母体は栄養が足りない状態です。育毛剤はダイレクトに栄養を伝えることができるので、産後の抜け毛にお悩みの方は日常生活に育毛剤を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

産後抜け毛育毛剤に副作用はあるの?

命を懸けた女性の大仕事となる妊娠と出産。

 

母となる人生最大の喜びの瞬間ですが、体内で大きく変化するホルモンバランスの影響で心身にさまざまな悩みを抱えてしまいます。その中でふと気が付くと始まっている産後の抜け毛は、見た目にもすぐわかるため大きなストレス原因になりかねます。

 

多くのママが悩む産後抜け毛対策として、近年では女性用の育毛剤が充実しており、インターネットや薬局などでも手に入れやすくなってきました。しかし、手軽に手に入るものとはいえ育毛剤も薬です。

 

妊娠中はもちろん、産後や授乳中の赤ちゃんに影響がないように、母体にも薬の摂取は控えたいですよね。

 

そしてなにより、最も懸念されるのが育毛剤を使うことによって、副作用などは起きたりしないのか?という疑問です。

 

そこで今回は、育毛剤を使う前に副作用があるのかどうか、またどのような状態になるのかを検証していきたいと思います。

 

報告されている副作用の事例
冒頭にも述べましたように、育毛剤も一種の薬です。

 

薬には多かれ少なかれ副作用が伴うものであるということは消費者側も理解をしておく必要があります。特に産後は体全体のバリア機能が低下している状態にあるため、そうした時に用いるとどうしても薬に対して体が過剰に反応してしまうことがあるという報告があります。また産後の女性以外でも体調がすぐれないときなどに育毛剤を用いると副作用と思われる症状が表れることがあるという事例もあります。

 

それでは育毛剤による副作用とはどういった症状なのか、それはなぜ起こるのかを事例とともに調べていきましょう。
皮膚に起こる副作用
育毛剤は外用剤ですので、頭皮に直接使用します。
頭皮も皮膚の一部ですから、お肌のトラブルと同じような副作用が起こることがあります。

 

副作用の事例としてはかゆみ、湿疹、頭皮の赤みやヒリヒリ感といった症状の発症が報告されています。化粧品と同じく肌に合わないものであったり、育毛剤に含まれている成分がデリケートな母体の刺激になったりということが理由として考えられます。

 

また、育毛剤を用いた頭皮マッサージも行い方によっては皮膚に余分な刺激を与えてしまい、副作用を助長させてしまう恐れがあります。

 

体内に起こる副作用
外用剤だからといって、体内に全く影響がないかといえばそうとも言い切れないのが育毛剤です。なぜなら育毛剤は頭皮から末梢血管へと浸透して体全体に行きわたります。そのようなメカニズムから、育毛剤にある余分な添加物などが体内にめぐってしまい、それが原因で吐き気や倦怠感といった体調不良が稀に起こります。

 

産後の体は非常に敏感ですので、ちょっとした添加物の混入でもアレルギー反応などが見られることも報告されています。

 

育毛剤の副作用を防ぐには?
育毛剤の副作用について述べてきましたが、産後抜け毛に育毛剤を使わないでくださいと言ってるわけではありません。産後抜け毛対策の副作用のリスクをできる限り減らすには、商品選びの際に「無添加」「低刺激」に着目して選んでいくことがとても大切なポイントとなります。

 

女性用育毛剤は男性用に比べて刺激が少ないものがほとんどですが、その中でも特に母体に害が少ないとされる無添加の物を選ぶといいでしょう。

 

ただし、無添加でももしアレルギー反応が出てしまったら…という不安を持っている方もいらっしゃるでしょう。その時は思い切って病院で相談し、医師の指導の下で産後でも使って大丈夫な育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

正しい商品の選び方をすれば産後抜け毛育毛剤は、産後の抜け毛に悩みを抱える女性にとって心強い味方になってくれます。

 

産後抜け毛は治らない?

人生最大の女性の一大イベントと言える出産ですが、それは同時に人生で1番体に大きな変化が生まれ、身体に対して大きな負担がかかる時期でもあり、産後のママさん200人を対象にしたアンケートでは全体の約90%もの女性が体になにかしらの変化があったと訴えています。

 

その中でもっとも多くの女性の悩みの種となっているのが「産後抜け毛」です。正式名称は「分娩後脱毛症」と呼びます。

 

多くの産後抜け毛は、産後1ヵ月目から半年程で落ち着くと言われていますが、実はその期間で産後抜け毛がおさまったというママさんは全体のわずか20%しかいないんです。

 

更に産後抜け毛が収まったとしても産前の髪のボリュームまで戻らないと悩む方も多くいることご存じでしょうか??

 

このような話を聞いて怖いと思いはするけど、産後に何もケアをしないママさんが全体の70%もいます。

 

産後は生活のペースがガラリと変わることで寝不足になったり、ストレスも溜まり疲れ顔になりがち…それに加えて髪のボリュームまで戻らなかったら本当に老けて見えてしまいます。

 

髪のボリュームが戻らず後悔したくない方1日でも早く産後抜け毛を治したい方産後抜け毛が1年以上も治っていない方は是非1度、産後抜け毛に特化した産後専用育毛剤を使ってみて欲しいと思います。

ページの先頭に戻る