女性用の育毛シャンプーのベストバイはどれ?おすすめをランキングにしてみました。

抜け毛や女性の薄毛の効果的な予防法として普段使いのシャンプーから専用の育毛シャンプーに変更する方法があります。

 

特に女性の頭皮は、本来機能しているはずの角質層バリアがうまく作動していないため外部刺激を緩和することができずに大きなダメージを残してしまうこともよくあります。

 

ホルモンバランスは正常に戻っているにも関わらず、髪のボリュームが戻らない女性の多くは頭皮にダメージが蓄積しヘアサイクルが乱れているために健康な髪の毛が育たない頭皮環境になっていることが少なくありません。

 

ここでは、女性の不安定な頭皮環境でも安心して使える育毛シャンプーや低刺激シャンプーを選び方をご紹介します。

 

赤ちゃんのお世話で忙しいママさんにとって何度かの工程で抜け毛の対策をするのは大変ですが、既に習慣になっている毎日のシャンプーの時間や効果をうまく利用すれば効率よく髪の毛ををケアすることができます。

 

香りの好みでシャンプーを選ばない
香りは女性にとって大切な個性の1つでシャンプーの香りにとっても強いこだわりがあることが多いです。
でも、香りや髪の毛自体をケアする目的の商品ではなく頭皮のケアに注目した商品を選ぶように徹底してください。

 

価格が安く家計には優しいシャンプーも成分に注目してみると実際は頭皮にとっては優しくない石油系のシャンプーが多いです。

 

産後は体の状態を正常に戻すために出来る限り安静にしている時期で、人に会う回数も出産前に比べると少なくなります。

 

素晴らしい香りはないけど体に対して負担のないシャンプーを選択するようにしましょう。

 

女性が育毛で使用するべきシャンプー|覚えておきたい3つのキーワード
産後の頭皮は無防備で過剰な程敏感になっており、外部からの刺激やダメージを受けやすく蓄積しやすい状態になっています。
頭皮がトラブル肌ぎみになっているこの時期には使用するシャンプーを選ぶ時にいくつか覚えておきたいキーワードがあります。
女性の敏感な頭皮へのダメージを残さないためにも是非参考にしてください。

 

キーワード@:天然由来成分配合
天然由来のオーガニックシャンプーは、刺激が強い化学成分が主成分のシャンプーに比べ、敏感肌にも使える優しいものが多いです。
産前・女性に関わらず敏感肌ぎみな頭皮は角質層のバリア機能が脆弱で抜け毛が多くなる傾向にあります。

 

もともと女性は男性に比べてスタイリング剤やパーマ液、ヘアカラー剤などの使用頻度が高いため、産前から頭皮にかなりのダメージが蓄積しているケースが多くあります。
産前ですらこのような状態の頭皮ですから女性の頭皮は極めて脆弱と言わざるを得ません。

 

シャンプーは、毎日使う日用品です。せめて女性の頭皮に対しては徹底的に低刺激の商品を選ぶようにしましょう。

 

キーワードA:アミノ酸配合
抜け毛用シャンプー、普段使い用のシャンプーに関わらず育毛シャンプーのメイン成分である洗浄成分(洗浄基剤)である界面活性剤は以下の3種類に分類されます。

「一般的な育毛シャンプー3種類」

  • 高級アルコール系シャンプー
  • 石けん系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

 

高級アルコール系は価格帯が手頃で洗浄力が強く泡立ちもよいため市販のシャンプーに最も多く取り入れられているシャンプーです。
しかし、後述のラウレス硫酸が使用されていることが多いため頭皮に対するダメージを考えると最悪の選択肢となります。

 

石けん系シャンプーは、単純な頭皮への刺激だけを考えるとそれほど強くはありませんが、頭皮のバリアである皮脂を余分に落としてしまう可能性があります。
そのため、乾燥肌や乾燥によるフケが出ている方にはおすすめできません。

 

アミノ酸系シャンプーは地肌や髪の主成分と同じタンパク質でできているので、育毛に必要なタンパク質を補い頭皮と毛髪の修復効果が期待できます。
また、頭皮を保湿してくれる働きも兼ね備えており、頭皮が潤って柔らかくなると血流が良くなり毛髪の成長に良い影響を及ぼします。

 

頭皮を含む肌は弱酸性なので、アルカリ性のシャンプーを使うと皮脂が過剰に落ちてしまったり肌への刺激が起こる可能性がありますが、アミノ酸シャンプーは弱酸性なので、肌に優しく安心です。
含有成分に「ココメルメチルアラニンNa」と書かれているものはアミノ酸シャンプーですので、表示成分をチェックして購入しましょう。

 

キーワードB:完全無添加
天然由来成分配合のシャンプーや髪に良い成分が多く入ったシャンプーでも、色素や香料などが多く使われていては結局肌に刺激を与えてしまう可能性があります。
色素は色材原料とも呼ばれ商品そのものや毛髪自体に色を付けるもので、香料は文字通り時間が立つにつれて酸化しイヤなニオイを防ぐために用いられる化学添加物です。
育毛シャンプーにおすすめな低刺激シャンプーには、必要最低限の添加物しか使用しておらず頭皮へのダメージを大幅に減らすことができます。

 

女性が使用してはいけないシャンプーの見分け方

女性の敏感な頭皮を刺激しないシャンプーを使用することももちろん大事ですが、それよりも大切なのがこれからご紹介する高刺激成分が含まれたシャンプーを避けるです。

 

普段使いのシャンプーにも当たり前のように含まれていますのでいま一度お使いのシャンプーの成分を確認して下記の成分が含まれていたらすぐに使用を禁止してください。

 

キーワード@:ラウリル硫酸、ラウレス硫酸使用
ラウリル硫酸やラウレス硫酸とは、非常に強い洗浄力と引き換えに肌へ強い刺激を与えてしまう、マイナスイオン(陰イオン)界面活性剤の名称です。
どちらの成分も市販のシャンプーには良く含まれている成分で、洗浄力が強いですが、頭皮のバリア機能を必要以上に取り除いてしまいます。
肌のバリア機能を失った頭皮は外部刺激に敏感になり、乾燥や炎症を引き起こしてしまいます。

 

ラウレス硫酸は、ラウリル硫酸が引き起こした肌荒れの問題を解決するために開発された成分ですのでまだマシですがラウリル硫酸配合のシャンプーだけは絶対に使用しないようにしてください。
本当に頭皮に負担をかけてしまう成分ですので、産前、女性関わらず使用しないことをおすすめします。

 

キーワードA:シリコン
シリコンはキューティクルにくっつき髪の毛をコーティングすることでツヤを出す化学物質です。

 

これが頭皮や毛根に付着すると毛穴を詰まらせ頭皮の環境を悪くします。頭皮を良い状態に保つためには、シリコンが入っていないノンシリコンシャンプーがおすすめです。
含有成分に「ジメチコン」「フェニルトリメチコン」など「メチコン」とつくものはシリコンシャンプーなので、これらが入っていないものがノンシリコンシャンプーになります。

 

シャンプーの表示成分の見方
化粧品やヘアケア商品の成分表は、含有量の多い順に記載されています

 

シャンプーの場合1番目が水、2番目がシャンプーの主成分であることが多いので、2番目の成分が何かでどんなタイプのシャンプーなのかを判断することができます。

 

注意しなければならないのは、髪に良い成分をうたったシャンプーでも、実はその含有量が少なかったりすることです。
例えば「アミノ酸配合シャンプー」とうたっているシャンプーの成分表示を見たときに、アミノ酸の表記である「ココイルメチルアラニンNa」が3番目以降にきている場合は含有量がとても少なかったりします。

 

その上もしアミノ酸よりも上の順位に刺激の強い「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」などがかかれている場合、肌に優しくて髪に栄養をあたえてくれるアミノ酸配合シャンプーとは程遠いものです。

 

抜け毛におすすめのシャンプーは色々とありますが、宣伝文句だけで選ぶのではなく成分表をしっかりチェックして選ぶことをお勧めします。
もしもわかりづらい表記があれば、メーカーに直接問い合わせてみるのも良いと思います。

 

女性用の育毛シャンプーおすすめランキング

 

女性特有の抜け毛や薄毛に効果を発揮する、女性用育毛シャンプーのおすすめランキングをまとめました。

 

高刺激成分を含まない商品なので女性の敏感な頭皮にも安心して毎日使うことができます。

 

CA101薬用ブラックシャンプー

 

 

CA101ブラックシャンプーは薄毛や抜け毛に悩む1万人の女性の頭皮診断を元に解発されたヘアケアシャンプーです。
ミネラルを多く含む天然の洗浄成分である海泥や薬用炭で優しく毛穴の汚れを取り除き、液体酵素の力で頭皮の角質ケアに働きかけます。
さらに36種類もの植物エキスで髪と頭皮にうるおいを与え頭皮の老化ケアで髪にハリ・ツヤ・コシを育みます。

 

 

haru kurokami スカルプ

 

 

haru黒髪スカルププロが5周年を機にリニューアルし、従来品と比べ洗浄保湿力がパワーアップしました。
新しく配合されたスイカズラ花エキス・グアバ果実エキスで紫外線による髪のパサつきダメージを保護し、フケやかゆみ頭皮のニオイ対策としてサトウダイコン・ヤシ由来の抗菌成分をプラスしました。
リニューアル後もシリコンなどの化学成分は不使用で10の無添加にこだわり、100%天然由来の育毛成分がシャンプーひとつで叶います。

 

 

マイナチュレ スカルプシャンプー

 

 

育毛剤でもおなじみのマイナチュレが出しているスカルプシャンプー「マイナチュレ」は洗浄成分だけでなくアミノ酸や厳選したオーガニック成分をたっぷり配合し頭皮環境や育毛を促進します。
肌にとって余分な物は一切排除し、優しい無添加のアミノ酸系シャンプーです。シャンプーの酸化を防ぐために密閉ボトルを採用しています。

 

 

CUシャンプー(チャップアップシャンプー)

 

 

チャップアップシャンプーは美容師と毛髪診断士が共同開発した高級アミノ酸系オーガニックシャンプーです。
赤ちゃんでも使うことのできる優しい弱酸性シャンプーで頭皮がアルカリ性に傾くのを防ぎ、頭皮環境を整えます。
合成化学料は含まず無添加かつ高純度の水で仕上げています。

 

 

パトロン ビヨンドシャンプー

 

髪や頭皮に優しいアミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。
シャンプーの95%以上が美容成分からできており、アスタキサンチンやコエンザイムQ10が配合されていることで地肌のエイジングを促し髪や頭皮を柔らかく潤いのある状態に導きます。
ビヨンドシャンプーはノンシリコンにも関わらず泡立ちが良く、香水のような香りも好評があります。

 

 

グローイングショット グラマラスケアシャンプー

 

POLAのグローイングショットは加齢による髪の悩みに着手し、独自の研究から配合されたパウダルコ樹皮エキスにより頭皮の土台を整え育毛効果に働きます。
また黒豆エキスにより白髪を若々しく艶やかな黒髪へと蘇らせます。
高級感のあるシトラスのスパイシーな香りがバスタイムを癒します。

 

 

405 クレコン

 

405クレコンはシャンプー・リンス・コンディショナー・トリートメント・頭皮ケアを1本にまとめたヘアケア商品です。
基本的にシャンプーは泡立てて洗うのに対し、あえてクリーム状にすることで頭皮を傷つけずに洗浄し、頭皮のマッサージにも使えるので効果的にスカルプケアができます。

 

 

オレンジシャンプー

 

商品名にもあるようにオーガニックのオレンジと6種のオーガニック成分により髪と頭皮をケアし健やかにするリンスの要らないシャンプーです。
髪の毛にコシやハリが欲しい、抜け毛や髪の分け目が気になる細い髪の毛の方にオススメです。
弱酸性で無添加なので女性だけでなく、男性やお子様にも安心してお使いできます。

 

 

ポッシュヘアケアシャンプー

 

ノンシリコンシャンプーのデメリットである洗いあがりのキシミを13種の植物エキスで補うことで髪の毛をしっとりと保湿し指通りのいい髪質にします。
また男女それぞれの髪の悩みにアプローチをかけるスカルプケア成分を配合しているので性別問わず使えるスカルプシャンプーです。
容量も500mlなのでたっぷり使うことが出来ます。

 

 

アスタリフト 美髪トライアルキット

 

アスタリフトのシャンプーコンディショナーには独自成分である「ヒト型ナノヘアセラミド」を配合、髪の毛の内部、頭皮の毛穴まで高浸透することでハリ・コシ、ボリュームのある健やかな髪へとアプローチします。
薬用スカルプエッセンスにも育毛有効成分の他に「ナノアスタキサンチン」や「コラーゲン」の美容成分が配合されているので髪と頭皮のアンチエイジング効果も発揮します。
シャンプー・コンディショナー・育毛剤とスカルプトータルケアが3ステップ試せるのも嬉しいです。

 

 

ウーマ シャンプープレミアム

 

ウーマシャンプーの最大の特徴は馬の馬油を配合しているという点です。
馬油に含まれるα-リノレン酸は人の皮膚に近い性質なので相性がよく、頭皮に潤いを与えるとともに人の体内では作り出すことのできない「不飽和脂肪酸」を豊富に含むことから頭皮環境を正常に整えます。
ノンシリコンなのにきしまずサラサラな洗い心地と無添加にこだわったウーマシャンプーは性別問わずお使いいただけます。

 

 

リーブ21 アクティシャンプーL

 

 

大手育毛サロンのリーブ21から出ているアミノ酸系のノンシリコンシャンプーで、りんごやオレンジなどのフルーツエキスを配合し地肌を守り優しく洗い上げます。
育毛成分であるグリチルリチン酸2Kが働き髪にハリコシ、ボリュームのある髪へと導きます。
さわやかに香るラベンダーの香りも人気のひとつでバスタイムに癒しを与えます。

 

 

モルトン ブラウン

 

英国王室御用達のモルトンブラウンの製造はすべてイングランドのみで行われこだわった天然成分をたっぷり使った高級シャンプーです。
育毛シャンプーとしての分類ではありませんが、髪質や仕上がりの好みによってシャンプーを使い分けることができるのがメリットです。
天然由来成分の香りも楽しめ毎日のバスタイムを華やかにします。

 

 

ハイビスカス ヘアシャンプー

 

ハイビスカス葉エキスから抽出した天然の保湿成分「植物性ヒアルロン酸」を配合し、頭皮を保湿・保護し優しく洗い上げる無添加のアミノ酸系シャンプーです。
亜熱帯の沖縄で育つ甘草やサトウキビなどの植物由来成分が髪と頭皮を健やかに整えます。
髪や頭皮に不必要な物は入れずやさしさにこだわっており、敏感肌や乾燥肌の方にオススメのシャンプーです。

 

 

花しゃん

 

乳酸菌の一種の「活性ポリ乳酸」を独自配合し、頭皮の毛穴に固く溜まってしまった皮脂汚れを優しく除去し清潔な頭皮を保ちます。
エビス蘭エキスの成分でフケかゆみ炎症を抑え血行を促進することで、綺麗になった毛穴にゆずや海藻に含まれる育毛成分が効率よく浸透します。
使っていくうちに泡立ちが良くなるのは溜まっていた皮脂汚れが除去できてる証だそうで、日々変化を実感しながら使うことができます。

 

 

Le ment (ルメント)

 

高濃度の炭酸泡で頭皮を優しく包み込み長く溜まった皮脂汚れを落とし頭皮環境を清潔にリセットします。
炭酸泡のチカラで頭皮の血行が促進し頭皮の細胞が生まれ変わることで新しく健康な髪の毛が育ちやすくなるとともに植物美容エキスが髪の先まで浸透しダメージをケアします。
使用頻度も3日に1回なので、美容院で行うスペシャルヘアケアを手軽にご自宅でできます。

 

 

mogans (モーガンズ)

 

甘草由来のグリチルリチン酸2Kを配合しフケやかゆみなど頭皮トラブルを改善し頭皮を髪が健やかに育つ環境へと導きます。
15種類の植物由来のアミノ酸成分により肌に負担をかけず優しく皮脂汚れを取り除き、もちもちの泡で髪のキューティクルを包み込むことでダメージを補修します。
天然精油のコリアンダーは髪や頭皮のアンチエイジング作用の他にも芳醇な香りでバスタイムに安らぎを与えます。

 

 

QWEENS BATHROOM 薬用ヘアソープ (クイーンズバスルーム)

 

パサつきやうねりの原因となる髪のたんぱく質の水分不足に着目し髪と頭皮を潤す保湿成分をたっぷり含むことでくせ毛を扱いやすくします。
アミノ酸性洗浄成分と植物性洗浄成分を独自配合することで皮膚刺激指数0.0と無添加を超えた低刺激でお肌への負担を無くしました。
くせ毛やパサつきで毎朝髪と奮闘している人にもヘアセットの時間が省けるとのことで喜ばれています。

 

 

asulong オーガニックシャンプー

 

抜け予防や髪本来の生える力を高め育毛効果が期待できるキャピキシルと、卵の殻の内側にある膜「加水分解卵殻膜」の豊富なアミノ酸やヒアルロン酸により
髪や頭皮に栄養を与え髪の育成をサポートします。
100%ノンシリコンなので髪や頭皮に負担をかけることなく、10種類以上のオーガニック洗浄成分で優しく洗い上げ頭皮環境を清潔に保ちます。

 

 

 

育毛剤を試してみたいけど、ちょっと高い…そうだ!シャンプーでもいいんじゃないかしら?だって「育毛」って書いてあるし、シャンプーしながら髪の毛も育てられるなんて一石二鳥と思った方、ちょっと待ってください。

 

実は育毛剤と育毛シャンプー、同じ育毛でも用途が全く違います。育毛という文字に気を取られて用途のを使い分けないと、せっかくの育毛剤も育毛シャンプーも効果が台無しになってしまいます。

 

育毛剤と育毛シャンプーの違いとは?

育毛剤の多くは血行の改善や細胞の活性化に着目した成分を配合したもので、発毛・増毛を促すために用いられます。

 

抜け毛が起こる主な原因はホルモンの乱れや栄養不足によるものです。それを補うために、安全で栄養価の高い商品を用います。医学的に発毛の効果が期待されるとする成分を含んでいるのも育毛剤の特徴です。発毛や増毛を目的とする方は、必ず育毛剤を使用しましょう。

 

また、女性用の育毛剤には炎症を抑える成分や保湿成分を含んだ商品もありますので、かゆみやフケ、湿疹といった症状も起きにくいのが特徴です。

 

それでは、育毛シャンプーにはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

育毛シャンプーにも「育毛」と表記はありますが、あくまでも「シャンプー」つまり頭皮の洗浄に用いられることが本来の役割です。従って、発毛・増毛に対しての効果が直接得られるわけではありません。

 

頭皮に良くない雑菌や汚れを落として清潔を保ち、育毛・発毛に適した頭皮環境を作るためのものですので、抜け毛予防のために用います。

 

 

あくまでも「抜け毛予防」「抜け毛対策」であることを忘れないようにしましょう。育毛の表記だけに目を奪われて発毛・増毛に効果があると勘違いして使いすぎてしまうと、今度は逆に頭皮に必要な保湿成分やバリア成分などを洗い流してしまうことになりかねませんので注意が必要です。

 

このように育毛シャンプーの目的は「毎日のお手入れの中で抜け毛予防に使うもの」、育毛剤の目的は、「抜け毛が気になり始めた時のスペシャルケアであり、発毛目的の有効な対策案」というハッキリとした目的の違いがあります。

 

コストを考えなければ併用が1番おすすめ
「育毛シャンプーを使って頭皮環境を整え、育毛剤を使って頭皮に足りない栄養を与えて髪を育てる」外用的な対策としてお勧めする方法です。

 

スキンケアでも肌に汚れが残ったままでは美容液の効果が半減するように、頭皮も汚れたままでは育毛剤の効果は期待できません。

 

育毛剤の効果を最大限に引き出すために、頭皮や発毛に適した環境を作ってくれる育毛シャンプーが存在します。普通のシャンプーとは異なり、毛髪を成長させやすい状態を毎日の洗浄によって作ってくれるのが育毛シャンプーです。

 

育毛剤も女性に向けて無添加で安全な商品が増えてきています。

 

せっかくの安全な成分・髪に有効な成分を無駄にしないように、また抜け毛をできるだけ抑えるために、育毛シャンプーを有効に使いながら育毛剤を役立てて行ってください。