産後抜け毛いつからいつまで続く?原因と対策を徹底解説

産後抜け毛が起こる人と起こらない人に違いはあるのでしょうか?
産後抜け毛でも普通の抜け毛でも、頭皮にとって悪い生活習慣をしていれば抜け毛は起きやすくなりますし、出産による抜け毛の場合は、出産の回数や出産年齢も関係がありそうです。

 

ここでは産後抜け毛が起こりやすい人の特徴をまとめてみました。
特徴を自分と比較し対策することで、産後抜け毛が起こる確率をできるだけ下げていきましょう。

 

産後の抜け毛の原因を詳しく解説

産後抜け毛は個人差はあれど多くの方が産後通る道なのですが、その原因をご存知でしょうか?産後一時的に起こる抜け毛の原因についてわかりやすくご紹介していきます。

 

最大の原因はホルモンバランスの乱れ
産後抜け毛(分娩後脱毛症)が起こる一番大きな要因として考えられるのが、女性ホルモンの量が産後急減することによるホルモンバランスの乱れの影響です。では具体的にどのような影響があるのかをご説明します。

 

女性の身体は毎月の女性の生理周期(身体のリズム)をつかさどる2種類の女性ホルモンのバランスが絶妙に保たれることで正常に機能しています。

女性のホルモンバランスの形成する2つのホルモン
卵胞ホルモン(エストロゲン)・・・女性らしさを保ち、妊娠の準備に向けて子宮内膜を厚くしたりする(排卵前に優位になる)
黄体ホルモン(プロゲステロン)・・・基礎体温を上げ受精卵を着床しやすくし、妊娠を維持する手助けをする。(排卵後優位になる)

この2種類なんですが妊娠すると、両方とも出産までの間急増し活性化します。エストロゲンには毛髪の成長を促進する作用が、プロゲステロンには毛髪を抜けにくくする作用がありますので、妊娠中は私もそうでしたが髪の毛が抜けにくくなるんです。その人によっては体毛が濃くなることもあります。

 

無事に出産を終えると、今まで妊娠によって急増していた2つの女性ホルモンが今度は急激に減少することとなります。急激に減少したホルモンの影響によって産前抜け落ちにくかった毛髪が産後一気に抜け落ちる「産後抜け毛」が多くの方に起こるんです。

 

髪の毛にはヘアサイクル(髪の毛が生え変わる周期)というものがあります。退行期⇒休止期⇒発生期⇒脱毛期⇒成長期と5つサイクルを繰り替えしています。

 

その中で休止期という髪の毛が一度抜けてから新たに生え変わるまでの3ヶ月程の期間があるのですが、産後一気に抜け毛が起こる時期はちょうどここにあたります。この休止期は、毛髪の成長自体も停滞しますので髪が伸びなくなります。この期間を経て、毛穴からまた新たな毛髪が生えてくるのです。

 

ここで知っておいていただきい重要なことがこの抜け毛は一時的なホルモンバランスの影響によるものだということです。一時的にヘアサイクルが乱れていることによるものなので、産後身体が回復し、ホルモンバランスが正常化する頃には収まることも多くあります。
産後抜け毛が実際に起きたときは本当にびっくりしてしまいますが、あまり過剰にストレスを感じないように信頼できる対応策として育毛剤の存在を認識しておくことはとても大切です。

 

産後の生活環境の急変も原因の1つ
赤ちゃんが生まれると生活のサイクルは赤ちゃん中心のものに変化します。今までは自分やパートナーの都合に合わせて調整していた生活リズムとは大きく異なる新たな生活が始まりますので慣れるまではそれに戸惑い、ストレスを感じてしまうこともあります。

 

赤ちゃんが小さいうちは外出も控えなくてはならないですし、新生児期は3時間毎の授乳が24時間体制で続くのに加え、夜泣きもありますから寝不足がちになり、疲労も蓄積します。このような生活習慣の変化による心身の負担感から強いストレスを感じるとそれが毛髪に悪影響を及ぼすこととなります。

 

具体的にお話すると、ストレスを感じると自律神経が乱れがちになり、交感神経(運動している時や興奮時に活性化する神経)が盛んになることで血管が収縮し、頭皮の血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなると、髪の毛が作られるもとの毛母細胞に栄養が十分に行き渡らなくなりますので髪の毛の状態には様々な悪影響が及びます。生えてくる髪の毛が細く弱々しくなったり(ツヤやコシがなく切毛が目立ちやすくなる)、頭皮が固くゴワゴワし、弾力がなくなったり、髪の毛の成長が停滞し抜けやすくなったりとホルモンバランスの影響で起こっている抜け毛がさらに悪化する可能性もありますから注意が必要といえます。

 

また、睡眠不足も毛髪には悪影響となります。なぜなら、人間が寝ている間には成長ホルモン(身体の様々な機能のコントロールに重要な働きをする)という毛髪の成長に大切なホルモンが分泌されるからなんです。
成長ホルモンには毛母細胞の活性化や、毛髪の成長促進作用があります。なかなか産後はまとまった睡眠をとるのは難しいかもしれませんが、家族にも協力をお願いし、眠れる時には少しでも寝るようにしてみてください。睡眠によって成長ホルモンが正常に分泌されることは産後の身体の回復の手助けにもなりますし、ストレスの解消にもつながります。

 

栄養不足による影響
産後のママさんが陥りがちなのが、栄養不足です。

 

育児に忙しく食事するタイミングを逃してしまったり、簡単なものですませてしまったりなんてこともありがちです。

 

授乳中の場合は、食事からとった栄養は母乳にも大幅にとられてしまいますからさらに栄養不足になりがちです。また妊娠によって増加してしまった体重を早く元に戻したくて産後ダイエットをしようと考える方も多くいらっしゃいますが、栄養のバランスを考えながら余分なものを抑えた無理のないダイエットでしたら問題はないのですが、急激に体重を落としたいがために食事を抜いたりするのは好ましくありません。

 

急激な減量(一般的には一ヶ月で体重を5%ほど減らすことをいいます。 例:50キロの女性で 一ヶ月に約2.5キロ)は、脳のホルモンバランスをつかさどる視床下部の栄養不足による機能低下をもたらしその結果ホルモン分泌量の減少へとつながってしまいます。髪の毛の成長に必須のエストロゲンも当然減少しますから抜け毛が深刻化する要因となってきます。また産後乱れたホルモンバランスの正常化がうまくいかなくなりますから身体の回復も遅れてしまい、先々身体の不調等に悩まされることにもなりかねませんのでくれぐれも無理はしないようにしましょう。

 

産後ダイエットをする人
妊娠で増えた体重をすぐに落とそうと、必要以上に食事制限をしてしまう人がいます。無理な食事制限は脳に栄養が行き渡らなくなり女性ホルモンの働きを狂わせますし、ダイエットによるストレスは自律神経を乱し代謝や血流を悪くしてしまいます。

 

産後抜け毛は女性ホルモンの働きが大きく関係していますし、髪にとって環境の悪い体質を作ってしまうと産後抜け毛が起こりやすくなるのは想像に難くありません。
体重を気にする前にまずは栄養をしっかり摂取し、出産で傷んだ自分の体を修復することから始めましょう。

 

自分の食事をおろそかにしてしまう人
産後に赤ちゃん中心の生活になると、自分の食事をおろそかにしてしまう人も少なくないようです。上記の無理なダイエットと同じで体の栄養不足はホルモンバランスが整いにくい上、頭皮に必要な栄養も行きわたらなくなってしまいます。

 

お母さんはただでさえ母乳から栄養を赤ちゃんに送るので、栄養不足に陥りやすい状態にあります。赤ちゃんのお世話をしながら自分の食事も作るのは大変かもしれませんが、出来合いのものやサプリメントを取り入れるなどして、自分の栄養にも気を配ることが大切です。

 

完全母乳で育児をしている人
完全母乳で育児をしているということは、それだけ自分の栄養を母乳で出しているということです。その結果、混合育児やミルク育児に比べ栄養不足に陥りやすくなります。

 

また、完全母乳は消化が早いため授乳間隔が短くなります。1日に何度も授乳しなければならなくなるとゆっくり休むことができず、体調を崩してしまったり睡眠不足によるストレスを招き産後抜け毛につながるリスクもあります。

 

何回か出産を重ねた人、高齢出産した方
毛髪の健康に重要な女性ホルモンは、30代後半から減少していくと言われています。何回か出産を経験して初産より歳を重ねていたり、高齢出産の場合は、女性ホルモン分泌の低下による影響を受けやすくなっています。その結果産後抜け毛が起こりやすくなります。
初産よりも2回目、2回目よりも3回目の方が抜け毛の量が増えるという人も多くいます。

 

男の子を出産した人
科学的な根拠はありませんが、女の子より男の子の出産をした人の方が、産後抜け毛が起こりやすいという説があります。

 

子供にストレスを抱えやすい人
人間の体はストレスを感じた時、それを和らげるために「ケラチン」を大量に出費すると言われています。ケラチンは髪の毛にとって重要な成分ですから、しっかり供給されなくなると髪の毛が作られにくくなり、産後抜け毛が起こりやすくなります。

 

ストレスを感じる度合いは人によって変わってきますが、心理学上、幼少期に「抑圧」を抱えてきた人は子供に対するストレスを感じやすいと言われています。

 

「抑圧」とは、したいことができなかったり我慢を重ねる心理状態のことです。幼少期に抑圧をたくさん経験した人は、子供の駄々をこねたり言うことを聞かない表現が、自分が我慢し満たされてこなかった抑圧の感情と重なってしまいます。そうすると自分でもコントロールできないくらいイライラしてしまうことが増えてきます。

 

ストレス発散方法は人によって色々とあると思いますが、この抑圧の感情が根本としてある場合は、一時的な気分転換をしてもストレスが本当に解消されることはありません。

 

抑圧は無意識で、自分で気づいて解決するのは難しいとされています。
どうしてもイライラが収まらず、自分ではどうしようもない状態になってしまう場合は、思い切って専門家に相談をしてみるのも一つの方法かもしれません。

 

産後の抜け毛が起こりやすい頭皮や毛根の特徴

産後の抜け毛はいつか治ると特別なケアせず放置しておくことで、抜け毛の起こりやすい頭皮に変化してしまうことがあります。

 

産後抜け毛の原因は、女性ホルモンバランスの変化に伴う帳尻合わせで一気に髪が抜け落ちると多くのサイトでは言われていますがそれだけではありません。

 

女性ホルモンの分泌量が低下した頭皮では、紫外線、シャンプー、ドライヤーの熱などの外部からの刺激やダメージを防ぐバリア機能が低下しており刺激やダメージを受けた頭皮や毛根が抜け毛の起こりやすい状態になってしまいます。

 

産後にしっかりとケアをしなかった女性がなりがちな抜け毛が起きやすい頭皮の状態とは以下の様な状態を言います。

    こんな頭皮の方要注意産後抜け毛が治らない可能性があります

  • 頭皮がつっぱり頭皮が固くなっている
  • 皮脂が過剰に分泌し、皮脂に粘りや臭いがする
  • 頭皮がひどく乾燥している
  • 炎症や湿疹が頻繁に起きる

頭皮が固くなると周囲の血管を圧迫し徐々に頭皮の血流が悪くなっていきます。

 

髪の毛は別名「血余」といわれることもあるとおり血液によって栄養素を受け取り育っています。血液から毛根に栄養が届かなくなることで髪の毛の細胞である毛母細胞の分裂が滞り成長が止まってしまったり、頭皮自身が老化をしてしまうことで髪の毛のボリュームが元に戻らないこともあります。

 

頭皮には、Tゾーンの3倍もの皮脂腺がありますが、産後の女性の頭皮は女性ホルモンの減少による乾燥から守ろうとどんどん皮脂を分泌するようになっていきます。

 

この皮脂が毛穴につまることでニキビの原因でもあるアクネ菌が発生し、やがてアクネ菌は毒性を持つ遊離脂肪酸に分解することで頭皮に炎症がおきるようになっていきます。

 

もちろん炎症が起きている荒れ果てた土壌に健康な髪の毛が育つわけがありませんので抜け毛や薄毛の原因に発展していくのです。

 

このように産後の抜け毛が恐ろしいのは、一時的に髪の薄い状態を作り出すことではなく日常的に抜け毛が起こりやすい頭皮環境に変化させてしまうところにあります。

 

そのような頭皮になる前に出来る限りのケアをするようにしてください。

 

産後抜け毛はいつから始まる?

 

産後、女性の身体には様々な変化があり、多くの女性が経験することに個人差や程度の差はありますが産後抜け毛があります。

 

新米ママさんにとって慣れない子育ては、初めての事ばかりで不安がいっぱいですが毎日育児に奮闘していることと思います。そんな時に産後抜け毛によって自分の髪の毛がたくさん抜け落ちる様子にショックを受けたり、不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

 

私も産後3ヶ月ほどから抜け毛が始まり、排水口を見て今までに経験したことのない、自分の抜け落ちた毛の量に衝撃を受けこのままハゲてしまうのでは?と不安に思い涙した経験があります。さらに、産後赤ちゃんのお世話に時間を取られ、産前とは異なり自分の美容にかけることのできる時間がぐっと少なくなっていました。もともと髪の毛が細かったので生え際が気になり、このまま髪の毛が減り続けることで老け込み、おしゃれもできず見た目も劣化してしまったらどうしよう・・と落ち込んだりもしましたし、赤ちゃんの定期検診や予防接種などで外出する際にも髪の毛が気になってちょっと億劫になったりもしました。

 

産後の抜け毛は具体的にいつから始まるのでしょうか?

 

産後抜け毛の始まる時期には個人差がある

 

産後抜け毛とは「分娩後脱毛症」や「産後脱毛症」と呼ばれ、出産後の多くの女性に見られる一時的な抜け毛の症状を指します。産後、半数以上の女性が経験すると言われており、言い換えるならば「産後起こりうる身体の変調の一つ」です。ですから抜け毛が始まったとしても、程度の差はあれど誰もが通る道であることは間違いありません。

 

皆さん気になるのがいつから抜け毛が始まるのか?ということなんですが、時期には個人差があり、はっきりと○ヶ月から始まるというようなものではないんです。ですが、多くの方の経験と産後の女性の身体の変化の面から目安の時期はお伝えすることができます。
産後抜け毛は、通常産後すぐにはあまりおこらずに2ヶ月〜3ヶ月ほどしてから始まる方がとても多いんです。その後4ヶ月〜半年ぐらいがピークとなり長い方で産後1年くらいは続く方もいらっしゃいます。また、抜け毛をあまり感じなかったという方、ごく短期間で終わった方など回復がとても早い方などもいます。

 

抜け毛の原因については別記事にて詳しく解説しますが、簡単にいうと産後は妊娠中に大量に分泌されていた女性ホルモンが急激に減少したり、子宮が元の大きさに戻るために収縮したりと妊娠前の身体に戻るための変化が起こります。女性ホルモンの影響によって妊娠中は抜け落ちにくかった毛髪がこの時期一気に抜けおちてしまうのです。ですから一時的なホルモンバランスの崩れが原因の抜け毛なのでホルモンバランスが元通りになるに従って抜け毛も減っていくというのが定説です。

 

産後抜け毛は、個人差はありますが産後2〜3ヶ月ほどから始まり、その後半年ぐらいをピークに徐々におさまっていくというのが多いパターンです。多くの女性が経験することにはなりますが、ホルモンバランスの影響によって毛髪が影響を受ける時期やその程度については様々です。

 

自分が万が一抜け毛がなかったり、抜け毛が始まる時期が遅かったりしてもそれがおかしいということではありません。「女の命」とも言われる髪の毛が一気に抜けるのはとてもショッキングなのですが、誰もが起こりうる産後の一過性の現象です多くの先輩ママさんが元の美しい髪の毛に戻っているんだという事実もありますので、そのことを事前に認識しておくことで抜け毛について悩みすぎたり、ストレスに感じることなく、パートナーや周囲と連携しながら日々の赤ちゃんの成長を見守りながら育児を楽しんでください

 

産後抜け毛はいつまで続くの?

 

産後2、3ヶ月目から始まりだす産後抜け毛は、出産を経験したママさんの9割以上が経験する産後トラブルの代表ような症状です。

 

事前に抜け毛の起こりにくい頭皮に整えたり、刺激を与えない環境を作ったりと産後抜け毛を受け入れる心と体の準備はある程度できます。

 

しかし、実際に産後抜け毛を体験すると想像をはるかに超えるショックを受けます。私の場合心の準備はまったく意味がありませんでした、、、

 

産後抜け毛で悩んでいた時期は、「一体いつ抜け毛がおさまるの?」「いつまで抜け毛が続くの?」「本当に治るの?」など疑問や不安がグルグル頭を回っていました。

 

今回は、産後抜け毛はいつまで続くか、産後抜け毛の終わりの時期について調べていきたいと思います。

 

産後半年から1年で産後抜け毛は落ち着く?
産後の抜け毛は基本的には産後6ヶ月から概ね1年程で落ち着くというのが定説になっています。確かにホルモンバランスが整えば抜け毛自体が1年程で落ち着くことが多いようです。ですが、産後の頭皮の状態は非常に不安定で頭皮のバリア機能も著しく低下しているために知らず知らずの内に大きなダメージを受けていることが少なくありません。

 

産後抜け毛の治療や改善で、ホルモンバランスよりも大切なことは抜け毛よりもその原因を作っている要因の1つである頭皮の状態の回復ができているか?という点です。

 

産後抜け毛の初期の原因は単純な抜け落ちなかった髪が抜け落ちる自然現象ですが頭皮のダメージが影響してヘアサイクルが乱れ健やかな髪が生えてこない状態は産後抜け毛と一言で済ませることが出来ない状態になっていることも少なくありません。

 

産後抜け毛が1年たっても回復しない方の多くはホルモンバランスよりも頭皮の状態にこそ問題がある方が多く、具体的な頭皮へのケアの必要があります。

 

 

それでは、産後抜け毛をなるべく早く終息させるために出来ることはなんでしょう?

 

  • 育毛シャンプーや育毛剤を使ってみる

先ほども触れましたが、産後はホルモンバランスの急変により頭皮の状態もとてもデリケートになっています。ですからそこに刺激を与えるようなシャンプーを使用してしまうと抜け毛がさらに多くなってしまう心配もありますのでシャンプーの見直しをしてみましょう。

 

毎日使うシャンプーは、低刺激のアミノ酸系、石油系界面活性剤不使用のものがおすすめです。

 

産後の女性の悩み専門に開発されたシャンプーなども多数ありますので、なるべく成分にこだわりのあるものを選ぶようにしてください。また、抜け毛がきになる部分には育毛剤を使用し、栄養分を補ってあげることも効果的と言われています。ただし、市販されている一般的な男性用育毛剤ではなく、女性専用のものを選ぶことが大切です。その理由は男性の薄毛と産後抜け毛の原因が異なるからです。育毛シャンプーや育毛剤は、自宅で毎日のケアに簡単に取り入れられ、無理なく継続できますので、育児中の忙しいママさんの心強い味方なってくれますよ。できれば抜け毛が始まる前から予防的な意味合いも含めて育毛シャンプーを使っておくのがおすすめです。

 

時間に少しだけ余裕があったり、パートナーの協力が得られる場合には育毛サロンに通い専門のケアを受けるのもよいでしょう。また、産後女性の薄毛の悩みに対応している育毛サロンの中にはベビーベッド完備であったり託児OKといったママに優しいサービスを提供しているところもあります。産後忙しくなってから色々調べるのは大変ですから、妊娠中に最寄りのサロンを調べ、口コミや周りの評判を予めリサーチておくといざ来店希望をする時にスムーズです。

 

  • マッサージやヘアブラシを変えるなどして頭皮の血行を促進する

頭皮の血行をよくすることは、産後抜け毛の原因であるホルモンバランスの乱れに直接働きかけるというものではないのですが、血行促進によって毛根に必要な栄養が行き届きやすくなりますのでその結果、発毛の促進につながります。

 

手軽でおすすめなのは、ヘアブラシを獣毛のものに変えることです。特に猪毛のヘアブラシは、頭皮のマッサージ効果が高いので是非取り入れて欲しいです。

 

普通のブラシに比べて毛が硬めで剛毛なのですが、そのことによりブラッシングする時に適度な頭皮刺激がありマッサージ効果が得られます。美容意識の高い、海外セレブや芸能人にも猪毛ブラシの愛用者はとても多いんです。また、静電気が起きにくいのも特徴で、静電気による毛根や髪の毛のキューティクルへのダメージの回避にもつながります。私は産後、自分へのご褒美にちょっと値がはりますが上質な猪毛ブラシを購入し毎日ブラッシングしていましたが、頭皮に当てるたびにとても気持ち良い刺激があり、毎日手放せませんでした。ブラッシングしたあとの髪の毛はつやつやになるので、抜け毛でブルーな気持ちも吹き飛びとても嬉しかった記憶があります。今でも、頭皮の健康維持のために愛用中です。

 

  • 睡眠をなるべく多くとる

新生児期に比べると、ちょうど抜け毛がピークになる半年後くらいの時期には夜間の授乳も少なくなり最初よりはだいぶ睡眠をとることができるようにはなってきますが、夜泣きや育児疲れによってなかなか寝付けないなど十分に睡眠を取れないママさんも多数いらっしゃるのが現状です。髪の毛は寝ている間の身体の新陳代謝によって発毛が促進されますので十分な睡眠をとることが抜け毛予防にも大切になります。睡眠を十分にとることでストレス解消にもつながりますのでその結果、自律神経が正常に整い、産後のホルモンバランスを整える手助けにもなります。

 

  • 髪の毛によい食品をとるようにする

タンパク質

さきほどご紹介した大豆イソフラボンが多く含まれる大豆製品にはタンパク質が豊富に含有されます。タンパク質は髪の毛を作る材料となる大切な成分で、髪の毛の成長促進につながりますので積極的にとりたいです。

 

ミネラル

髪によい食品として誰もが知っているワカメや海藻類(ヒジキ等)はミネラルが豊富です。ミネラルは体内で合成できませんので積極的に食事からとりましょう。

 

ビタミン

ビタミンB2は美容ビタミンとも言われるビタミンで不足すると髪の毛の新陳代謝やヘアサイクルに悪影響が及ぶので注意が必要です。ビタミンB6は皮膚の抵抗力の向上、抗炎作用、過剰な皮脂分泌を抑制するなどの効果があり、頭皮環境の健全化には必須の成分です。

 

産後の抜け毛は出産を経験した女性なら多くの方が遭遇するであろう一過性の現象です。

 

目安としては、産後の生活環境(ストレス・栄養状態、睡眠時間)等によって個人差はありますが産後半年をピークに一年ほどで収まるとされています。ただし、育児のストレスがひどかったり、抜け毛自体を気にしすぎるあまりに円形脱毛症になってしまう方もいたり、頭皮のダメージを回復できずに髪の毛の量が戻らない方も想像以上に多くいます。

 

放置していても必ず治るからと安心せずに、髪のボリュームが治らずに後悔する前に事前にできる限りの対策をしておくことを当サイトでは強くおすすめしています。